アップルサイダービネガーと/アロエベラで作る静脈瘤用パック

9月 1, 2015

身体のどこかに静脈瘤があって、見た目が悪いからどうにかしたいと思っていませんか? 痛みがあって見た目も気になる静脈瘤は、遺伝または特定の生活習慣やライフスタイルによって引き起こされることがしばしば。多くの人が結果的に手術に頼ることになりますが、見た目を改善するには簡単な方法があります。試してみてはいかがでしょう?

静脈瘤を治すための自家製パックをどうやって作ったらいいのか?

 

静脈瘤

ところで、静脈瘤とは何で、なぜあんな色になり、肌に浮かび上がって来るのでしょう? 静脈瘤は、酵素による静脈壁の変性によって、血液が心臓に適切に戻らないという静脈不全が起こり、それによる血流の悪さから足に現れます。一般的には、遺伝的要因が多くを占めますが、座りがちなライフスタイルや悪い食習慣によって発生することもあります。血液はふくらはぎの一帯にとどまり、チクチクしたり、足がつったり、重さを感じたりします。

奇跡は存在しない、ということははっきりさせておきましょう。腫れ上がった静脈がある場合には、まず、血栓を予防し血流を改善するのに薬が必要となってきますし、それがとても大きな静脈の場合、より深刻な問題を避けるために手術が推奨されます。でももし、静脈瘤がそこまで目立っていないのであれば、これからご紹介する方法に従っていただくのが良いでしょう。早速自家製クリームを作ってみましょう。

 

必要なものは?

アロエベラ2

簡単に作れますが、大切なことは継続的に塗り続けることです。必要なものは? 落ち着いてください。大金を払うことはありませんし、足の静脈瘤を緩和するためにとても効果的な方法だと保証いたします。ちゃんとメモしておいてくださいね:

  • 人参 1本
  • アロエベラ(人参と同量)
  • アップルサイダービネガー 半カップ

どうやって作ったらいいの?

静脈瘤2

  • まずは人参をミキサーに入れて、良く混ぜ、なめらかな状態にします。
  • そこにアロエベラを加えます。人参と同じ量のアロエベラの果肉を加えます。アロエの果肉を得るためには、まず、注意深く葉から針を取り除き、輪切りにして、スプーンで果肉(透明な部分)を取り除きます。
  • 次にアップルサイダービネガーを加えます。目線の高さを合わせて、分量を測って、人参とアロエのなめらかなペーストを作れる分だけ入れてください。これはあまりサラサラしてもダメですが、濃すぎてもダメで、静脈瘤の上に塗れるぐらいの濃さでなくてはなりません。
  • これで、なめらかで均質なクリームができましたので、これをミキサーにかけます。これで準備完了です! しかし、気をつけてほしいことは、ある決まった方法で塗らなければならないということです。足首からふくらはぎにかけてマッサージするように広げていって、自分の手で血液の流れを上に促すようにします。
  • 足に塗ったら、パックが静脈瘤に効くように、30分そのままにしておきます。その後、ぬるま湯で流してください。
  • このパックは毎日帰宅後に塗ります。時間がなかったり、材料の準備ができない日があれば、アップルサイダービネガーをしみ込ませた布やふきんなどを用意してください。静脈瘤のあるところにそれを置き、20分間そのままにしておいてください。これもとても効果的です。
  • 健康を維持するためには、バランスのとれた食事と運動もお忘れなく。例えば、毎日30分から1時間歩くだけでも十分です。お金もかかりませんが、あなたの健康にはとても効果的です。
あなたへおすすめ