アンチエイジングのための9つの習慣

10月 14, 2016
人気バンドQueenの歌に、次の問いかけがあります。「誰が永遠に生きることを望むだろう?」。しかし可能なら、多くの人が何千年も生きようとするというのが真実ではないでしょうか。より良い健康のために、ここにあるヒントを参考にするといいでしょう。

あなたは80~90歳まで生きられないと思いますか? できるだけ早くあなたの習慣を変えるだけで、生活の質が向上し健康面の問題も少なくなります。長く健康を享受しながら生きるのは夢ではなく現実の話なんです。

現代生活に関する最新の研究

研究結果によると、「長生きできるかどうか」は「それまで健康だったかどうか」に関係しているそうです。座りがちな生活、体に悪い食品、アルコール、タバコは、より長く生きるためには最悪の4つです。研究では、これらの組み合わせで寿命が12歳変わると言われています。
あなたがこれらの習慣を変えなければと意識しているなら、リスクを減らすことができるのですから、それは朗報ではないでしょうか。

live

長生きするための9つの方法

過度に食べてはいけません

100歳まで生きるには、普段から食べる量を減らすのが効果的です。長生きで知られる日本には「腹八分目」という言葉があります。これを実践するにはゆっくり食べる必要があります。少ない食品を食べることは新陳代謝を遅くする「甲状腺ホルモンT3」の増加に影響しますので、アンチエイジングにも効果があります。

もっとセックスを

週2~3回が長生きの秘訣です。良いセックスは、ホルモン放出(30分の散歩に匹敵)、カロリー燃焼、血圧を下げる、免疫システム強化、睡眠改善、体重減少、精神面の安定に役立ちます。

テレビとコンピュータの電源を切る

life3

スクリーンの前であまりにも多くの時間を費やすことは、健康に良くありません。1日4時間見る人は、2時間以下の人よりも、座りがちなライフスタイルになっており、50%以上死亡リスクが高まります。テレビを消すことで、より良い睡眠が確保できます。寝る前にテレビを見ない代わりに本を読むのがおすすめです。コンピュータに関しては、現代人の必須ツールとして避けられませんが、休憩を取ったり、外で新鮮な空気を吸うなど、リラックスする工夫が必要です

直射日光を避ける

有害な紫外線は、火傷や皮膚癌の原因になりますので、可能な限り避けるようにしましょう。しわ、しみ、そばかすも形成されなくなりますので、若く見えるようになるでしょう。特に夏に外出するときには、少なくともSPF 30の日焼け止めを顔だけでなく、胸、首、肩、腕、手にも塗るようにしましょう。

社会と深くかかわりあう生活を

life4

研究では、常に友人や家族によって囲まれて生活している人々の方が、心の問題に苦しんでいる割合が少ないことが示されています。孤独、特に自分の子供、孫、または他の親戚が頻繁に訪問していない高齢者にあるケースですが、非常に悲しいと感じていることが多く、うつ病、ストレス、高コレステロール、不安、恐怖を引き起こすことになります。

適度な飲酒

男性にとって適度な「飲酒」は、グラス2杯、女性は1杯です。一方で、飲酒はアルコール依存症だけでなく、膵臓または肝臓疾患など一般的な健康上の問題にとどまらない可能性があるので注意が必要です。医師は心臓発作や糖尿病を予防するために、1日グラス1杯の赤ワインを飲むことをすすめています。

果物や野菜を食べます

vegetables

ジャンクフードを食べないことが、幸福な生活を持続するためにとても重要です。塩味のスナック菓子の代わりにリンゴを食べる、フライドポテトの代わりにトマトとレタスのサラダを食べる、などの工夫が必要です。果物や野菜には解毒作用があり、循環器系を改善し、心疾患、癌、肥満、コレステロールなどを減らすのに役立ちます。

運動

毎日散歩が望ましいのですが、「時間がない」という場合は、少なくともエレベーターの代わりに階段を使うとよいでしょう。身体活動と長寿の間には大きな相関があります。スポーツによって4年延命効果が期待でき、心臓、肺、心に非常に良い効果がもたらされます。少なくとも1日30分の運動を心がけましょう。

禁煙

somoke

喫煙は今日の社会が持つ最悪の習慣です。 35歳で喫煙をやめた女性が6~8年寿命が延びたというデータがあります。禁煙に遅すぎるということはありません。誰しも簡単ではありませんが、試す価値があります。禁煙のメリットは数日、数週間、数か月と日増しに大きく感じられるでしょう。

あなたへおすすめ