あなたの心に悪影響を及ぼす5つのこと

私たちの心と身体は密接に関わりあっているため、健康的な心には健康的な身体が欠かせません。本記事では私たちの精神状態に悪影響を与える5つの習慣についてご説明します。

私たちの「健康」は非常に大切です。この「健康」は心身の健康を意味し、肉体面での健康だけではなく、脳、そして精神面での健康も重要になります。

自分の考えをまとめたり何か物事を決断する時には、私たちの精神状態が大切ですが、私たちの精神状態は様々な要因に影響を受けます。その中でも身体の健康は私たちの精神状態に非常に深い関わりがあります。

心とは

私たちの心は認知能力や心理状態が深く影響します。特に大切なものをご紹介しますが、ご紹介しない項目が大切ではないという意味ではありません。

  • 思考力
  • 認知能力
  • 記憶力
  • 知覚力

私たちの心は人間として大切な特徴の一つです。

希望、心情、そして痛みなどの認知能力は特に他の動物とは異なる人間特有の力です。そして私たちの心の中で何が起こっているかは、現在でも説明がつかない部分も多く、研究が続けられています。

どちらにしても、私たちの心、つまり精神状態は私たち人間の大切な特徴の一つです。

 

心の健康

心の健康は、私たちの行動に常に大きな影響を受けます。

つまり私たちは自分の精神状態を自分でコントロールできるのに、深く考えずに行動し、心が制御不能になっていることもあります。

気分が落ち込んでいて、理由もなく体が疲れている時、実は心が疲れていて、精神的な問題を発症している可能性があります。

本記事では心の健康に悪影響を与える毎日の習慣についてお話しします。

 

1. 就寝時に頭部を覆う

一般的には子供達などが暗闇が怖いからと頭を覆う傾向がありますが、若者や成人でも、質の高い睡眠を得るためにと寝ている時に頭を覆う人がいます。しかし就寝時に頭の一部、または全てを覆うと脳内の二酸化炭素が増え酸素が不足し、精神状態に悪影響を与えます。

2. 毒のある人との生活

信じられないかもしれませんが、破壊的で何の楽しみもないような考え方をする人と一緒に暮らすことに、何の疑問も持たない人が多く存在します。

このような毒のある」人との生活は、全く生産性がないだけではなく、心の状態に悪影響を与え、精神状態が悪化するため、決断力や認知力が低下する結果となります。

3. 一人の時間を極端に避ける

「中庸を知れ」という言葉があります。これは極端に偏ることなく毎日の生活を送ろうという考え方です。

一人で過ごす時間についても同様です。

私たち人間は周りの人々との関わり合いの中で成長するため、学校や職場、そして家族など周りの人々との生活は大切です。

しかし、一人の時間も大切です。一人の時間を持つことで、人間として成長し、自分自身とその内面をしっかりと見つめることができます。

一人の時間で過ごす時間は、精神面に良い影響を与え、知性を成長させます。そのため、一人の時間を極端に避け続けると、精神状態に深刻な悪影響を与えます。

4. 携帯電話の過剰な使用

「中庸を知れ」ということについて前述しましたが、ここでは携帯電話の使用についてお話しします。

現代では携帯電話が身体の一部となっているように見えるほど常に携帯電話を使用している人が増えています。

もちろん携帯電話をあまり使用しない人もいますが、常にソーシャルメディアやチャットなどの会話を確認している人や、意味もなくただ携帯電話を眺めたり使う場面も増えています。

携帯電話の精神状態への影響は深刻ですので、節度を守って使用してください。

5. 朝食を抜く

朝食は1日のうちで最も大切な食事だと考えられています。

夜間の就寝時には私たちは何も食べないので、体に栄養が行き渡りません。そのため朝一番に食べる食事である朝食は、私たちの身体に栄養を与えるという意味でも非常に大切です。

朝食を抜くと、身体に悪影響を及ぼすため、長期的に見ると心身に悪影響を与えますのでお気をつけください。