あなたの骨を強くする7つの植物

ここでご紹介する植物を日常的に摂り続けるとあなたの骨を強くするのに役立ちます。

人間の骨格構造は私たちの体を支え、動きをサポートし、無限の可能性を与えてくれます。
骨は靭帯、腱、軟骨などと共に赤血球と白血球を生産しています。
実は骨は重要な栄養素を蓄える役割もしており、免疫力にも影響を与えています。ですが、その反面で病気を進行させてしまう事もあるのです。
しかも内と外からの様々な要因によってその病気を悪化させてしまい、結果として、強烈な痛みに襲われ、日常生活に大きな支障を出してしまう事も。
こんな最悪の状況を避けるためのナチュラルな健康習慣を始めましょう。

ここでは骨の健康維持に役立つ成分たっぷりの植物を7つご紹介します。

 

・バジル

バジル

バジルは非常に人気のあるハーブです。
バジルに含まれるカルシウムは骨に良い栄養素であり、必須ミネラルは骨を強くします。見た目の老化を防ぐことも出来ます。


サラダやスープに添えたり、お茶として摂取する事も出来ます。

 

・アルファルファ

アルファルファの茎は必須ミネラルを豊富に含んでいます。
体の中で消化されると骨を強くする為に働いてくれます。
抗炎症作用により体に害を与える因子の働きを阻止してくれます。


また、慢性疾患の症状改善にも役立ちます。
骨量の減少を抑えてくれるエストロゲンに似た効果もあります。
アルファルファはサラダや野菜ジュースに加えて摂るほか、サプリでも摂取する事が出来ます。

 

・ヤナギ

ヤナギ

ヤナギはサリチル酸を多く含んでいます。
サリチル酸は鎮痛効果があり、骨が痛むときに有効です。

抗炎症と抗酸化作用によって骨のバランスを整えたり、なめらかな動きを助けてくれます。

 

・タンポポ

タンポポは利尿効果があることで知られています
ですが、実は骨にとっても嬉しい植物なのです。


タンポポに含まれるカルシウムやマグネシウムといったミネラルは骨密度を保つには重要な栄養素です。抗炎症と抗酸化作用のある成分は血液の循環もよくしてくれます。
さらには赤血球と白血球の生産にも一役買ってくれます。
タンポポはお茶にして一日に三杯、毎日飲みましょう。

 

・イラクサ

イラクサ

イラクサの大きな効能の一つは体の中の粗悪分子からあなたの骨を守ってくれることです。

イラクサは鉄分、カルシウム、マグネシウムに富んでおり、これらの成分は骨を強くするのに非常に重要です。

イラクサの効果を得る為には一日に小さめのカップで二杯分のお茶を飲むと良いでしょう。

 

・スギナ

スギナはその全体が栄養素の宝庫ともいえる植物です。
体内に吸収されると、骨や関節に有効に働いてくれます。
鎮痛作用と抗炎症作用によって痛みやイライラを鎮めてくれます。


またビタミン類はコラーゲンの生成を促し、骨と骨の間のクッション材として、骨同士の擦り合いを防止します。

スギナはお茶にして週に三回は飲むようにしましょう。

 

・カモミール

カモミールティー

カモミールは一般的に広く使われており、様々なお店で入手しやすい植物の一つです。

カモミールは骨にも良いという事を知っている人は少ないのではないでしょうか。ですが、カモミールが持つ鎮痛と鎮静の効果は痛みを和らげるには最適です。抗炎症作用があるからというだけではなく、必須ミネラルも豊富に含まれているというのも理由の一つです。

腫れを抑えて動きをスムーズにしたり、軟骨と靭帯の潤滑油としてパワーを発揮します。

カモミールティーは一日三杯までが良いでしょう。
お風呂に入れたり、痛みのある箇所には直接あてても良いでしょう。

 

 

いかがでしたか。ご紹介した植物はどれもあなたの骨を強くし、守ってくれるものばかりです。日常的に食生活に取り入れて骨の病気予防に備えましょう。

 

カテゴリ: 好奇心 タグ:
あなたへおすすめ