あなたの不眠症はどのタイプ?

9月 24, 2017
不眠症の症状が現れる時間により不眠症のタイプが異なります。本記事では不眠症のタイプについてご紹介します!

現代社会では「寝られない」「一度寝たものの寝続けていられない」などの問題に悩まされる人が増えています。

寝られない時間の長さ、頻度、そして症状の強度によって不眠症のタイプが異なります。

本記事では、不眠症のタイプをご紹介します。

不眠症とは?

心配事や不安なことがあるときに夜寝られないというのは一般的な症状です。また、旅行、映画、結婚式など、大きなイベントの前夜に寝られないという場合は心配する必要はありません。

ただし、ほぼ毎日例外なく寝られないという場合は不眠症を疑いましょう。

世界中では多くの人が不眠症に悩まされています。

夜の就寝時間が過ぎても寝ようとしても寝られない、または早朝に目が覚め、もう一度寝ようとしても寝られないなどの症状があります。

発症期間ごとのタイプをご紹介します:

  • 急性:1ヶ月以内
  • 亜急性:4−6ヶ月間
  • 慢性:6ヶ月が経過しても症状が改善されない場合

不眠症の原因は数多くありますが、その中でもストレス、鬱症状、不安感などの心理的な変化と密接な関わりがあると言われています。

またホルモンの乱れや、体内時計と呼ばれる概日リズムの乱れも原因です。

その他の原因をご紹介します:

  • 就寝時の姿勢の悪さ
  • ベッドや布団の状態が悪い
  • 不規則な睡眠パターン
  • 就寝前に大量に食べる食生活
  • コーヒー、アルコール、ドラッグなどの刺激物質の摂取

不眠症をコントロールするためには?

生活習慣を改善することで、不眠症をコントロールし、慢性化を予防することができます。

  • 夜間に刺激物質を摂取しない
  • 夕食は軽めに抑える
  • 夕方までに適度な運動をする
  • 照明や雑音を減らして室内環境を改善する
  • 規則正しい生活を送り体内時計を調整する
  • 夜間に入浴して就寝時間までにリラックスする
  • 寝室(またはベッド・布団)ではテレビを見ない
  • 日中の長時間の昼寝を避ける

睡眠時には体内を修復・再生し、翌日に向けて体内機能や体温を調整するため、私たちの健康に質の良い睡眠は欠かせません。

そのため不眠症を発症すると私たちの健康に悪影響を与えます。

 

不眠症が引き起こす健康への影響をご紹介します:

  • 集中力の低下
  • だるさ、疲労感、めまい
  • 交通事故
  • 職場でのミス
  • 短気、鬱症状、気分の落ち込み
  • 見当識障害
  • 実存主義への傾倒

タイプ別不眠症の原因・症状

不眠症は症状が続いている期間、症状の強度、そして発症時間で大きく3つに分類されます。

急性不眠症

最長でも4週間以内に症状が治まる不眠症はここに分類されます。

転職によるストレスや生活環境の変化、そして海外への転居による伴う時差などにより、睡眠パターンが変化することで不眠症を発症します。

またストレス、悩み事、またはコーヒーやアルコールの過剰摂取が原因となることがあります。

亜急性不眠症

4−6週間続く不眠症はここに分類されます。

大きな事故や愛する人を失った時、そしてPTSDなどが原因だと考えられています。

慢性不眠症

3ヶ月以上続く不眠症は、慢性に分類されます

ほとんどの場合は、慢性の身体的疾患や精神的な疾患が原因となるため、疾患の治療を行わないと不眠症も解消されません。

軽度の不眠症

一般的な睡眠障害に分類され、毎日の生活や私たちの健康に悪影響を及ぼすことはありません。

十分な睡眠が取れなかった翌朝は、疲れを感じて仕事や学校に行きたくないと感じます。

中程度の不眠症

不眠症の症状が続くと、その影響が目に見えてわかるようになります。

短気になりがち、不安を感じる、仕事での達成感が欠落している、そして気分の落ち込みがあるなどが一般的な症状で、仕事や学校において大切な情報や用事を忘れることもあります。

深刻な不眠症

睡眠障害の強度が高まり、毎日の生活に悪影響を及ぼしている状態です。

ベッドから出る気力が起こらないなどの日常生活への悪影響が現れ、不規則に気分の落ち込みなどが起こるため、症状を緩和したり状況を改善する処方薬の服用で治療を行うことがあります

初期または発病時

初期の症状は、一般的な不眠症の症状や、朝早く目が覚めるとその後眠ることはできない症状と定義されます。

羊を数える、読書をする、瞑想をする、リラックス音楽を聴くなどを試しても効果的な方法が見つからないのもこの時期です。

多く睡眠障害は、不安感や何かの心身の問題が原因で発症するため、脳が常に落ち着いて休息をとることができない状態にあります。

中期

この場合は早朝に症状が起こります。

夜間は就寝できるけれど、早朝に目が覚めるとそこから目が覚めてしまい、再び眠りにつくことができなくなります。

また夜間に何度も目が覚めるという症状もあります。

もっと症状が進んで行く場合

目覚ましをかけた時間や起きなくてはいけない時間よりもずっと早い時間に目が覚めがちな場合は室内の照明や外光の入り方を再確認してください

十分に外光が遮断されていないと、朝一番の日差しに反応して目も体も目覚めてしまいます。

またはその日の仕事への不安感からつい目が覚めてしまう、ということも原因として考えられます。

メイン画像転載元 © wikiHow.com

あなたへおすすめ