あなたは大丈夫?足水虫の症状と治療法

· 1月 2, 2018
足水虫は再発しやすいと言われていますが、再発を予防するためには、その症状を理解して足を清潔に保つことが大切です。

足は、靴などにより高温多湿の状態にあるため、足水虫や皮膚疾患を発症しやすい場所ですが、なかなか清潔に保つことが難しい場所でもあります。

毎日のお手入れの中でも、髪、顔、手などに注意を払ってもなかなか足のケアにかける時間がないため、ついつい痛みを伴う足水虫が発症するまで気づかないことがあります。

足水虫は、他人にもうつることがあるため、一度発症したら必ず完治させ、その後の再発を予防することが欠かせません。

深刻な健康上の問題ではありませんが、足水虫の中には免疫システムが低下している兆候である場合があります。またひび割れや痛みを伴う皮膚の疾患や皮膚病を伴う水虫もあります。

本記事では、初期段階で足水虫の症状を認識して、すぐに治療を行う方法をご紹介します。

 

足水虫とは?

足水虫とは、白癬菌というカビが皮膚の角質層に寄生することによって起こる皮膚の病気です。一般的に足の指の間や足の爪の中に発生します。

以下のような症状がみられます:

  • 過剰な乾燥
  • ひび割れ
  • 黄色く硬い皮膚
  • 皮膚の灼熱感
  • 痒み
  • 足のニオイ

足水虫の種類と症状

白癬菌による炎症には2種類あります。

足白癬

足の裏をおさえる

 

最も一般的な足水虫が足白癬です。すぐに症状を見つけないと完治が難しい足水虫です。

足水虫を発症しやすい運動選手は長時間靴を履いていることが多く、靴の中が高温多湿となるため、真菌にとって増殖しやすい環境となりますが、誰でも発症するリスクがあります。

ただし誰でも発症するとはいえ、その増殖を抑えて治療を行うことは可能です。まずはその症状を理解して、他の皮膚病との違いを区別してください。

  • 足の指の中でも、4本目と5本目の間が赤くなっている
  • 足の指の間や足の裏が痒くなったり燃えるような痛みを感じる
  • つま先や足の裏に小さなひび割れができる
  • 足の皮膚にかさぶたや水ぶくれができる
  • 足を洗ってもそのニオイが強い

爪真菌症

爪真菌

 

爪水虫とも呼ばれる爪真菌症も一般的な症状です。足の爪に影響を与える爪真菌は、高温多湿を好むため、靴の中などは増殖に最適な場所です。

爪水虫の症状をご紹介します:

  • 爪の変色:黄色またはグレイ
  • 爪の周りのひび割れ
  • 爪に現れる白い線
  • 爪の変形が始まる
  • 爪が割れやすくなる
  • 爪からのニオイ

足水虫の治療方法

アップルサイダービネガーとりんご

アップルサイダービネガー

酸性のアップルサイダービネガーは、皮膚のpH値を正常に保つ効果があるため、真菌や細菌による感染や炎症の症状を和らげます。アップルサイダービネガーを継続して使うことで、皮膚の死んだ細胞を取り除き、灼熱感を解消します。

  • アップルサイダービネガーを加えたぬるま湯に、足を20分間入れます。

ティーツリーオイル

抗真菌成分と抗菌成分が含まれるティーツリーオイルは足水虫の症状の軽減に高い効果を発揮します。

  • 少量のティーツリーオイルを入れたぬるま湯に、足を15−20分間入れます。
  • 爪に炎症が起こっている場合は、化粧用コットンで爪の周りに塗ってください。

重曹

重曹

重曹に含まれるピーリング効果と殺菌効果が、真菌による皮膚への影響を軽減する効果があります。

  • 重曹と水でペーストを作り、このペーストを使って足を優しくマッサージします。
  • 10分間そのままにした後、しっかりと洗い流します。

ニンニク

ニンニクに含まれる硫黄成分には、抗真菌成分と抗菌成分が含まれています。

  • 生のニンニク1片を潰し、真菌による影響を受けている患部に塗ります。
  • 20分間そのままにしたら洗い流します。

レモン

レモン

新鮮なレモン果汁は足と爪にできた水虫の症状を効果的に軽減します。

レモンの酸性の成分が皮膚のpH値を正常化して、患部の状態を改善し、真菌の増殖を抑えます。

  • レモン果汁を患部に塗ったら、20分間そのままにします。

足水虫にお悩みですか?

足水虫の症状を見つけたら、症状が悪化する前にすぐに対処することが大切です。本記事でご紹介した自然療法とともに、足を乾燥させ、靴を清潔に保つことで再発を予防することができます。