あごにできたニキビの対処法

7月 25, 2017
あごのニキビでお悩みですか? 今回は、そのニキビの出来る理由と治療方法についてご紹介します。

ニキビの治療をする時、食事に気を使って内側から、そして洗浄と組織の再生で外側から対処しなければなりません。

ところが、あごにできたニキビはホルモンの崩れなどと関係している事があるので、そちらも考慮しなければなりません。

ニキビの種類

ニキビとは、顔、首、胸、背中、肩などの皮脂腺に影響を及ぼす疾患です。

健康上深刻な問題ではないものの、傷を残してしまったり、自尊感情に影響してしまうかも知れず、大きな問題になり得ます。

ニキビは日常的に会話に上るごく一般的なものですが、実はニキビは、体の部位そしてどのような状態であるかによって、色々な種類に分かれます。それに加えて原因も様々です。

あごのニキビに関して言うと、原因はホルモンの問題にあります。治療の際には、これを忘れずに対処すると良いかもしれません。

食生活

まずは今の食生活を見直し、何が肌に悪いのか、何がニキビの原因となりそれを悪化させているのかを知り、それを食事から取り除くところから始まります。

  • 牛乳などの乳製品。チーズも含む
  • 赤身の肉、加工肉、特に豚肉
  • 揚げてあったり、精製された食品
  • 市販のパイなどの小麦粉系のスイーツ
  • 精糖

などが皮膚に良くないとされています。

逆にこれらの食品は肌の健康のために食べると良い食材です。

これに加えて、体が毒素を排出する為のプロセスをより良くするために水を1日2リットル飲むようにすると良いでしょう。食物繊維の消化の改善にも繋がります。

洗顔

外側からは、ナチュラルな洗顔料で顔をしっかり洗い、油分をあまり足さないようにしつつきちんと保湿する事が大切です。

  • 毎朝きちんと顔を洗いましょう。
  • パイナップルの皮を使って週2回きっちりと洗顔をしましょう。パイナップルの皮にはブロメラインと呼ばれる抗炎症化合物が含まれています。皮の内側でニキビのある部分を優しくなでてから、数分その部分が乾くのを待ちます。それから洗顔をしてください。
  • ホホバオイルまたはココナッツオイルを100mlとティーツリーオイルとカモミールのエッセンシャルオイルをそれぞれ15滴ほど混ぜて保湿液を作ってください。この組み合わせは、保湿効果、鎮静効果、肌のバランスを保つ効果、消毒効果、抗炎症効果があります。
  • 夜、洗顔をした後に保湿を行ってください。

ホルモンバランス

あごにできるニキビはホルモンのバランスと深い関係があります。ホルモンのバランスを整える食材やサプリメントを普段の生活に取り入れる事でニキビを軽減できます。

  • サツマイモ
  • マカ
  • イースト菌
  • 月見草油
  • フェンネル
  • セージ
  • アボカド

などの食材が良いとされています。

ベストなのは今のニキビの状況、ホルモンの状態からどの自然療法が合っているのかを相談する事のできる医師の診察を受ける事です。

ストレス

ストレスやネガティブな感情もあごにできるニキビの大きな原因の1つと言えます。上記の洗顔方法などを守っていても、ストレスのせいであごのニキビを消す事が難しくなってしまう場合があります。

神経系は体の全ての機能と全ての内臓に影響し、治癒を妨げてしまう事もあります。この事から、神経系のバランスを保つ事は非常に大切であると言えるでしょう。それではその為に、できる事をいくつかご紹介しましょう。

  • ある程度の強度のエクササイズを週に2、3回行いましょう。その日の内にリラックス効果を感じる事ができます。
  • 質の良い睡眠を取りましょう。きちんと暗く、静かな寝室で十分に寝てください。
  • 数分の瞑想を毎日行いましょう。タイミングは、ご自分が良いと思う時が一番ベストです。
  • サプリメントを飲んだり、心を落ち着かせてくれる効果のあるトケイソウ、レモンバーム、ライムブロッサム(ライムの花)やラベンダー入りのハーブティーを飲むと良いでしょう。
  • オーツ麦、玄米、イースト、アーモンド、バナナ、柑橘系の果物などのストレスを軽減してくれる効果のある食べ物を食生活に取り入れましょう。
  • コーヒー、精糖、炭酸水、アルコール、カフェインが入った飲み物などの刺激物は避けましょう。

画像はwikiHow.comのご厚意でしようさせていただいております。

あなたへおすすめ