アーティチョークを取り入れる4つの理由

9月 7, 2016
アーティチョークの苦みは、肝臓に良いことの印。利尿作用で減量に効果があるのに加えて、毒素の排出も助けます。

食卓に独特な風味をプラスすのに加えて、アーティチョークは最も薬用効果のある食材の一つ。その軽い苦みがあって繊維質な味と食感は、この野菜が肝臓に良いことの最初のサイン。様々なビタミン、ミネラル、アミノ酸が豊富で、体の中のバランスを取り戻し、減量できて健康にもなり、体の外にもその効果が現れます。

ということで、今回はあなとあなたの家族のために、もっとアーティチョークを取り入れることを大提案!

1.アーティチョーク:肝臓の味方

アーティチョークの葉には、多くのマグネシウムとカリウムが含まれています。それに加えて、前述した肝臓に良いことの証拠である苦みも健在。その正体は何かというと、肝臓を助ける自然の成分「シナリン」のおかげ。

  • 胆汁の分泌を刺激する。
  • 油の消化を助ける。
  • 黄疸を予防する。
  • 肝臓の炎症を鎮める。
  • 肝機能を妨げる重金属や毒素を排出して、肝細胞の再生を助ける。
  • アーティチョークを継続的に食べると、脂肪肝やコレステロールを下げるのを助ける。

2.減量に最適

Antioxidante-alcachofa-500x375

アーティチョークは健康的な食生活には欠かせない食材であり、同時に脂肪を効果的に取り除いて減量も助けます。

  • ただし、アーティチョークばかり食べるという意味ではないので注意。食事を健康的にするための補助として利用を。
  • アーティチョークの食物繊維が満腹感を与えて、空腹感を抑える。
  • アーティチョークは強力な利尿剤でもあり、体液滞留や毒素が溜まるのを防ぐ。
  • シナリンのおかげで、脂肪の消化と吸収を助ける胆汁の生成を促進することも忘れたくないポイント。

3.糖尿病に効果的

アーティチョークが血糖値を調節する、というのも興味深い情報。これが糖尿病患者にとって危険な血糖値の急激な上昇を防ぎます。

また栄養価が非常に高いことから、エネルギーとビタミンの供給源となり、脂肪分や糖分が多い食品に頼らなくとも活力を得ることができます。だからこそアーティチョークを他の食材と組み合わせれば、血糖値を安定させて危険な急上昇を避け、質の良い生活を送ることが可能に。

4.毒素を取り除くのを助ける

Sintomas-en-el-riñon

アーティチョークを普段から食べている人が一番実感できるのがこれ。ここでもシナリンとその軽い苦みがその効果の重要な要素です。

消化と栄養分の吸収を助けると同時に、毒素や余分な脂肪分を運んで分解、尿を通じて体外へと排出するのを助けます。腎臓、肝臓の健康を守り、その栄養価の高さからベジタリアンの人にも絶対にお勧め。

アーティチョーク、レモン、紫玉ねぎのデトックスサラダ

ensalada-alcachofas-rucula-500x281

材料

  • アーティチョークハート 4つ
  • 紫玉ねぎ 1/4個
  • 熟したトマト 1つ
  • 低脂肪のフレッシュチーズ
  • ルッコラ 100g
  • オレガノ 少々
  • レモン 1/2個
  • エクストラバージンオリーブオイル 少々

作り方

  • まず、柔らかくなるまで茹でたアーティチョークハートを準備する。
  • 紫玉ねぎを出来るだけ薄くスライスする。ここでは消化酵素の効果を利用するために必ず生での使用を。ただし、気分が悪くならない自分に合った量になるよう調節を。
  • トマトを洗い、フレッシュチーズを角切りにする。
  • ここからは盛り付け。ルッコラを皿に敷き、アーティチョークハートと紫玉ねぎをその上に盛る。
  • フレッシュチーズをのせ、オレガノを軽くかける。これで独特な風味をプラス。
  • 次に、レモンのしぼり汁を振りかけ、オリーブオイルも加える。

とても簡単に準備できる一品で、朝食やランチに最適。あなたもその味には納得するはず。

さらに、このサラダは脂質が低く、デトックス効果があり、紫玉ねぎの酵素のおかげで消化を助けて免疫力も高めます。

あなたへおすすめ